FC2ブログ
気まぐれ、時々辛口日記・・・。 辛口過ぎる時もあります♪ でも、最近は愚痴多し・・・
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年10月04日 (土) | 編集 |
待ちに待った迫田さんが出演する舞台。

『緋色のくちづけ~吸血鬼悲恋乃徒花~』

豪華なセットにステキな着物。
普段見る舞台とは雰囲気からして違う。

まぁ、私は、商業演劇も見たりしてるのですが、今回感じたことは、なんか、こう、もう少しあの夫婦の物語なりを掘り下げて欲しい。とゆうか、全体的に、どの人の物語も中途半端かな?
はしょりすぎかな?と。

勿論、一緒に歳を重ねられない苦しみみたいなのはわからなくはないんだけども、なんてゆうか、うん、消化不良。

吸血鬼の話って、映画やアニメとかにもあるし、私の大好きな漫画「ときめきトゥナイト!」の主人公も吸血鬼だから馴染み深いはずなんだけどな。

とにかく静かな場面が多くていちいち長いな。と、感じた。あと初日(と言えマチソワ2公演の2公演め)独特の硬さも感じた。

繋がっているはずなのに、場面場面がバラバラに
みえた。あ、セリフを「ん~何だっけ?」って考えてるのかな?みたいな。
目指してるゴールは一緒なのに、いや、一緒のはずなのに。ベクトルがそれぞれ違う方向を見てる?
呼吸が合ってない?

多分ガラスの仮面見すぎでしょうか?



お芝居上手い下手は最近余程の事じゃない限り寛容にはなってきたのですが、

なんだろう?波にのみ込まれちゃってんのかな?

空間とか作品とかプレッシャーとか。

ま、あくまで個人の感想なのでね。あ、所作は美しいよね。片岡さん。新内さんの美声はステキだね。

あと、最前列どセンターな席(さ、迫田さん💧)生声とスピーカーからの声でステレオ放送。

目は合ってないと思うけど、表情とかスゴいよく見えた。

様々なジャンルの人間が融合できてないな。←辛口


終演後、迫田さんにご挨拶。

※迫田さんが出た場面は安心感でいっぱい。

概ね私が感じたであろうことを迫田さんがおっしゃった。
しかし、和服姿が眩しい。写真撮り損ねた。くそぅ。
何でしょうか?迫田さんのあのお兄ちゃんみたいなあたたかさ。実際にあんなステキな兄いたら連れ回すよね。

お兄ちゃんあれ買って~。いや、違う

※お姉ちゃんは冠仁さんだよ。疑似家族。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。